iPod touch第5世代を使ってみてiOSの気持ちよさを初めて実感

 

年始にWiMAXルーターの縛りが解けたため、新規に契約をし直し、キャンペーンであるWi-Fi機器値引きを利用してiPod touchを購入した。

iOS製品には特にこだわりもなく、とりあえず持っておこうという認識で今までつかっていた。iPhone4Sも個人的に画面の小ささとその重さから「大して良くないじゃん」という感想だった。

 

さて今回、4インチのディスプレイを搭載したiPod touchを触ってみての最初の感想は。。。「今までバカにしてすみませんでしたっ!」って感じです。
いや~iOS使いやすいですね。。。一画面で入ってくる情報量が増えたことでかなり触る機会が多くなり、その過程でよく言われるiOSのサクサク感というのを実感しています。

 

Androidとの違いで気になるのが、電源投入と同時に情報が入ってこないこと、でしょうか。Androidだとホーム画面で一定の情報は入ってきてたのですが、こちらはアプリ起動までわからないのは戸惑っている次第であります。(そういう機能があるのを知らないだけかもしれませんが)

後はツール関係のアプリが充実しているのが面白いです。個人的にはAndroidもiOSもアプリは大体被ってるもの、と思ってましたが調べていくうちに全然違うのを実感しています。どっちが優れている、というのはありませんが、ツール関係はiosのほうが好みです。逆にエンタメ系だとAndroidのほうが親しみやすいです。

不満はWindowsだとiTunesが重いってところですかね。。。あと日本語入力ソフトもですね。これは糞です。

 

とりあえずiPod touchを触っていてフツフツと感情の中にこみ上げているのは、「iPhone5欲しい」という欲求です。この画面の大きさなら普段の持ち歩き端末に仲間入りさせたいとおもわせます。iPod touchなのでWi-Fi運用になるのですが、一々Wi-Fi機器を操作するのがウザったいので、SIMを入れられるiPhoneで快適に過ごしたいのが正直なところ。

 

今現在iPod touchはQWERTYキーボードケースに装着して、文章入力専用端末と化しています。モトローラのPhotonQが欲しかったのですが、円安傾向に入り断念してたのをこちらのケースを使って代用しています。カチカチ音がうるさいのと、変換候補がダメダメなのを除けばいい具合です。本来iPhone用なので、カメラの位置が異なりますが気にならないレベルで使用できます。

 

iPod touch

qwertyキーボードとiPod touch

今回の大画面iOSに触れたことで、自分の中でApple製品も欲しいものリスト入りしてしまいました。これから暫くは物欲に悩まされそうな感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です