町田丸

散歩、ガジェット遊び、サッカーの話題を町田から届けています。

Xperia Z Ultraのスリープ死だかプチ文鎮化だかの電源が入らない状態を解決する方法&遭遇した不具合について

   

 

この度、エキスパンシスにおいてXperia ZUltraを購入しました。

6.4インチの画面は一度に入ってくる情報量に富んでおり、調べ物や情報収集といった行為が非常に効率的になりました。かつてdocomo版のXperia Zも所有していましたが、視野角の狭さと白飛びや全体的に淡白な色合いになっているのが気になり、売り払ってしまいました。
このXperia Z Ultraでは、Xperia Zで採用されているVAパネルではなく、IPSパネルという視野角と色の再現性に優れた液晶パネルを搭載しており、非常に視認性が向上しています。

大画面の情報量の多さ、そして見ていて苦痛にならない視認性が良く見やすい液晶画面と、個人的に最も欲している機能が揃った現時点で最も素晴らしいスマートフォン(ファブレット)として非常に愛着をもって使っています。

ですが、困ったことにこの機種、少なからず不具合が散見しております。特に今回タイトルで示している通り、突然電源がつかなくなり、全く操作できない状態になってしまいます。
ここでは、Xperia Z Ultraを購入予定の方に、今回自分が遭遇した不具合とその解決方法を紹介しようとおもいます。個人的にはこの機種を買って非常に満足していますが、他人に勧めるにはやはり不具合をどこまで許容できるのかわからないので、あえて悪いところを晒して購入の判断材料にしてもらおうと思っています。

 

電源が突然入らなくなる

Xperia Z Ultraを購入検討している方は、この不具合が耐えられるかどうかよく考えてからにしてください。

Z Ultra購入2日目、自然スリープ状態になった本体を触ろうと電源ボタンを押しました。ところがこれが全く反応しません。長押しやボリュームボタンとの同時押しによる再起動をかけても、全く変化が出ませんでした。
海外からの購入ということで、返品交換にめんどくさい手間がかかってしまうのかと憂鬱な気分になりかけていました。交換対応のためのメールのやりとりや、本体発送からの交換機発送までの時間を考えると2週間ほどかかりそうで、せっかく届いたのに長期間おあずけを喰らうというのは失望以外の何ものでもなかったです。

この状況がどうにかならないものかと考えていたところ、思い出したのがXperia ZにおけるダミーSIM問題。オレンジ色のダミーSIMが入っていると電源が全く入らないというものです。モバイルプラザテルミーさんのブログでその報告がありました。
これを思い出したため、さっそくSIMトレイまわり弄る、といってもただ単に一度SIMトレイを引っ張ってもう一度いれただけ。なんとこれだけでうんともすんともいわなかったZ Ultraが再起動してくれました。

2013-10-07 15.36.54

とりあえずこの突然電源が入らなくなるプチ文鎮化というかスリープ死というかなぞの不具合。現在に至るも何度となく症状が再発し、その度にSIMトレイを引っ張って入れ直します。
何でももう一つ強制再起動としてこのSIMトレイ横の赤いボタンを押すと強制再起動となるようで、こちらでも効果があります。ただ手元にピンのようなものがないとできないので、普段はSIMトレイ外し技を利用しています。

 

敏感すぎるタッチパネル

長い時間使っていると、時折タッチパネルが超敏感になり反応しすぎの状態になります。
ちょっと触っただけで複数回のタッチ判定、時には触ってもいないのにタッチ判定が下ることも。
これはどうやら手脂等が増えると起きるようです。なので、一旦スリープ状態にさせてから画面を適当に拭くことでこのような状態がなくなります。

 

コーティングが弱くてムラが出来る

今ではガラスの保護シートを貼ってしまったので気にならなくなりましたが、保護フィルム等を貼らずに裸の状態で運用していると、よく触る部分と触らない部分でコーティング剤が剥がれるペースが異なり、コーティング剤が落ちてる部分がひと目でわかるほど画面上にムラのような曇が出来ます。

この現象は海外でも同様の自体が起きているようです。自分も購入数日で気になるレベルで画面上に変化が現れたので、かなりコーティング剤は薄い、あるいは粗悪なものを使用しているのではないでしょうか。自分はひどくなる前にガラスの保護シートを上貼りして気にならなくなりましたが、このムラのような画面上の変化は布で良く拭いても気になる感じは変わらないので、Xperia Z Ultraを使う人は保護フィルムが必須だと感じています。結構このムラは精神衛生上良くないです。

 

 

とりあえず気になる点はこんな感じでしょうか。挙動や操作性自体への不満点は殆どないレベルなので、そうした不具合を心配している方は心配するレベルのものはないかと思います。ただ、ハード面が環境によっては影響を受けやすい変なところがあるので、その辺りはやはり事前に知っておいて欲しいところではあります。

 - スマホ遊び ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
9800円だったのでiPad第3世代をうっかり購入

  新型iPod touchに触れたことで、iOSの素晴らしさにようや …

Blackberry Passportのキーボードを修理したら発熱や電池の異常消費問題が解決!

大分前に輸入して購入したBlackberry Passportのキーボードが壊れ …

HTC J One HTL22の購入レビュー

  HTC J One HTL22を今年の7月に購入してみました。 現 …

EMOBILE版Nexus5の購入レビュー 今のところAndroidで最高の操作性

イー・モバイル版のNexus5を購入したので、少し触ったレビューなんかを書いてい …

no image
Optimus it(L-05D)をSoftBankの黒SIMで運用してみた

  前回うっかりiPadを購入し、ゼロから定額プランで運用している関係 …

au、G Flex LGL23購入レビュー 曲面ディスプレイは持ちやすさと情報量の多さを両立させる最適解だと実感

高校生の時から使い続けているau回線を、この度MNPしちゃおうかなぁなんて考えて …

Xperia Z Ultraで発生した不具合とその解決方法

国内版も発売されたことですし、今回はXperia Z Ultra国際版で生じた不 …

ブックオフのスマホ3000円買取キャンペーンを利用してきた。

  ブックオフが行っている「ケータイなんでも買取キャンペーン」。どんな …

isai LGL22を2ヶ月間利用してみてのレビュー

3月の終わり頃、MNPキャッシュバックがなくなるんじゃないか、という報道がされて …

no image
PTL21 VEGAを1ヶ月使ってみて改めて感じた感想やらレビューやら

  昨年の12月末に購入したauのパンテック製スマートフォンPTL21 …