町田丸

散歩、ガジェット遊び、サッカーの話題を町田から届けています。

Xperia Z Ultra購入レビュー 求めていたサイズ感で大満足

   

 

海外スマートフォンの販売を行っているエクスパンシスから、現在日本未発売(2014年春モデルとしてauから発売予定)のXperia Z Ultraを購入しました。
購入してから数ヶ月が経ったので、使ってみた感想等をレビューしたいと思います。

ちなみに、自分が買った当時はLTE版が6万8000円ぐらいしていました。ですが、現在エクスパンシスで販売されているXperia Z Ultraは、なんと5万円を割りそうな勢いで値下げされています。個人的にはとても悲しい値下げになっていますが、このファブレットは今年イチオシと呼べるガジェットですので、こんな安い値段で買えるのならば、絶対に買いです。

また、前回書いたXperia Z Ultarのプチ文鎮化は、アップデートで完全に解決しました。このおかげでストレスのない完璧なXperia Z Ultraライフを満喫できています。

Xperia Z Ultra

 

Xperia Z UltraとiPhone

Xperia Z UltraとiPhoneの大きさ比較。

Xperia Z UltraとAndroid

Xperia Z UltraとMEDIAS W、Nexus5の大きさ比較。

Xperia Z Ultra薄さ

薄くて軽く、手首の負担は少ない。

Xperia Z Ultra情報量

文字も大きく一画面での情報量も多く取れる大きさ。

 

情報量が多い大画面!なのに軽量化も実現で言うことなし!

まずこのファブレット最大の魅力がその大きさ!
6.44インチということで、画面がとにかく大きい。そのおかげで文章や画像がとても見やすくなっています。
特にテキスト中心のブログやニュース系のサイトは、全くPCでは閲覧しなくなりました。手元ではっきりした字の大きさで負担なく読めるXperia Z Ultraは読むデバイス・見るデバイスとして最適の大きさ、性能(フルHD液晶・S800)をもっていると思います。

そしてこの大きさでも持ち歩いたり使い続けたりするのが負担にならないそのサイズ感や軽さも素晴らしさの一つです。7インチの大きさのNexus7も持っていますが、こちらは幅があり、重さもそこそこあり、長時間持ったり、片手で持ったりするには負担の大きいサイズと重さです。Xperia Z Ultraはその点で完璧なバランスをとっていると感じます。

このサイズ感がどのようにして決められたのかは詳しく知りませんが、7インチタブレットでは出来ない、服の胸ポケットやジーンズのポケットにも入ります。そのおかげで、例え手ぶらでも外出時に運び出せるという取り回しの良さが生まれています。

 

IPS液晶は長時間みててもストレスを感じない

過去のXperiaシリーズで個人的に不満を持っていたのが、液晶の質でした。昔Xperia Zを購入して使っていたこともあったのですが、この液晶の質に耐えられなくて売ってしまいました。Xperia Zでは、VA液晶という種類のものを採用していたのですが、これが個人的に全く合わず使っていてストレスを感じさせるものになっていました。
VA液晶を搭載させたXperia Zの、視野角の狭さや白味がかり全体的にボンヤリとしてしまう発色がとにかく我慢出来ず、当時一緒に使っていたHTC J butterflyのほうばかり使っていました。その後のXperiaシリーズも同様にVA液晶を採用しており、個人的には全く使いたくならないシリーズと感じていました。

このXperia Z Ultraでは、IPS液晶を搭載しており、ごく一般的なスマートフォンの液晶と(ようやく)同レベルの見やすさになってくれました。おかげで過去のXperiaシリーズに感じた液晶の見にくさというストレスとは無縁で使い続けることができています。

 

バッテリーは1日ギリギリ 要別端末

バッテリーは大きさの割には長く持ちません。一日中使っていると、大体夜の7時か8時ぐらいに残り10%ぐらいになってしまいます。その時間ですとまだまだ使う時間があるので、バッテリー的には物足りないと言えるでしょう。この点、Nexus7だと寝る間際までバッテリーが続いていたという印象があります。
モバイルバッテリーや、別のスマートフォンを用意することで、電池持ちを延ばす手段を確保しておいたほうがいいでしょう。

 

総評:作業効率をあげたい方はぜひ買うべき端末

情報量が多く取れる大画面端末、そして長時間弄っていても疲れない液晶とその軽さということで、情報収集をするための端末としては過去最高の素晴らしさかと思います。特にネットからの情報が仕事がら大事だという方は、圧倒的に情報収集の効率が良くなること間違いなしです。
受動的にネットを楽しむデバイスとしても、ノートPCや7インチ級のタブレットよりも取り回しがしやすいので、スマホ中毒者の方には最高の端末になるかと思います。

なお、漫画読みガジェットとしては7インチタブレットのほうが優れています。Xperia Z Ultraでは少し字が小さくて読みにくいです。この点だけは7インチ級の端末のほうが優れています。

 - スマホ遊び

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

EMOBILE版Nexus5の購入レビュー 今のところAndroidで最高の操作性

イー・モバイル版のNexus5を購入したので、少し触ったレビューなんかを書いてい …

Optimus it L-05Eの購入レビュー

  docomoから登場したLG製の名スマートフォンOptimus i …

surface Pro 3を購入したので軽くレビュー

surface Pro 3を発売日に購入しました。i5,256GBのモデルです。 …

iPhone 6レビュー ようやく実用的な大きさになってAndroid好きも楽しめるスマホに

発売日にiPhone 6のSIMフリー版16GBをミーハー心で購入しました。 昔 …

Xperia Z1f SO-02F購入レビュー 電池持ちの優秀さとサクサク感は予想以上

  Xperia Z1f SO02FをMNP一括9800円で契約しまし …

au、G Flex LGL23購入レビュー 曲面ディスプレイは持ちやすさと情報量の多さを両立させる最適解だと実感

高校生の時から使い続けているau回線を、この度MNPしちゃおうかなぁなんて考えて …

L-05Eの後継機として「GALAXY J SC-02F」を契約 デザイン面、視認性、サクサク感に満足

  GALAXY J SC-02FがMNPで安くなっていたので、契約し …

AQUOS CRYSTAL 305SHは保護フィルム貼らないとアクリル画面が簡単に傷だらけに

305SHを使い始めておよそ1か月が経ちました。まぁ不満なく使えているので、スマ …

no image
PTL21 VEGAをMNP一括0円で購入&数日使ってみたのでレビュー

  auの2012年冬モデル、韓国Pantech製のスマートフォンPT …

no image
Optimus it(L-05D)をSoftBankの黒SIMで運用してみた

  前回うっかりiPadを購入し、ゼロから定額プランで運用している関係 …