町田丸

散歩、ガジェット遊び、サッカーの話題を町田から届けています。

iPhone 6レビュー ようやく実用的な大きさになってAndroid好きも楽しめるスマホに

   

発売日にiPhone 6のSIMフリー版16GBをミーハー心で購入しました。
昔は一括0円まで待っていたぐらい割とどうでもいいスマホだったのですが、今回は待ちに待った大型化を遂げたので、ちょっと定価で購入しようと思い立ちました。

運よくSIMフリー版の予約がとれたので、そちらを購入してdocomoとSoftbankの回線で使っています。

今回もありきたりな機種になってしまいますが、iPhone 6を使ってみてのレビューなんかを書いておきたいと思います。

大型化で情報量が多くなり大満足

今回のiPhoneを早期に購入した理由は、このiPhone 6からの大きな変化となる大型化がされたことが最大の要因です。

Androidをメインにして使っていくと、大きな画面で1ページ辺りの情報量が多く、スクロールをせわしなく行う必要のない5インチ級の端末は、一度使うともう小型端末へは逆戻り出来なくなってしまいます。

最低でも4.5インチ、というかOptimus itぐらいの画面サイズがないともう耐えられない体になってしまいました。

 

今回のiPhone 6では4.7インチと4インチの5sから大きくグレードアップ。そのおかげで情報量が増え、スクロールもちまちま繰り返さなくてよくなりました。

しかも大きくなってもそれほど重さはなく、体感的には軽い部類に入るので、使いやすさもかなり上がっています。持ちやすくはありませんが、軽い印象を受けるのと、元々5s自体持ちやすさはあまりよくなかったので、印象的にはマイナスにはならないレベルです。

特にqwertyキーボードを利用する時に、タップ間違えをしなくなった点がようやく改善されたかと喜んでいます。これまでは画面が小さく、何度も打ち間違えをしたものですが、それが解消されています。

iPhone6

大画面化を嫌がる傾向があるようですが、個人的にiPhone5sをほとんど使ってこなかった理由として、画面の小ささがあったため、今回はそこの不満点を見事に改善してきた素晴らしい進化になったのかなと思っています。

iPhone 6 Plusはアプリが落ちやすい?

ぶっちゃけiPhone 6に関わるレビューはこれぐらいのものです。不具合として文字がにじむようなところがあるぐらいで、あとは今までのiPhone5sと変わらず普通に使いやすいと思います。なので次はiPhone 6 Plusを買わなかった理由についてついでとして書いておきます。

このiPhone 6と同時に、iPhone 6 Plusもdocomo版を予約注文していたのですが、発売日から2日遅れの入荷となりました。

その際に発売後に店頭に並んだホットモックを触ってみたところ、大きさには好印象を受けたのですが、標準ブラウザのSafariですらアプリのクラッシュが起きやすいということを感じました。

 

店頭のホットモックで判断するというのもいかがなものとは思いますが、起動して操作をしている最中にポンポンアプリが落ちていくのは、iPhone 6の比ではないと感じるレベルです。おそらくはフルHDとなったことで、メモリ1GBではグラフィックの負荷とアプリの負荷に耐えられなくなってきてる、のではないかと感じました。

とりあえず元々iPhoneシリーズに対して愛着がないので、わざわざ2種類購入する必要性を感じなかったため、このホットモックの印象で購入を中止してiPhone 6のみで今回の買い物を終わらせました。

メイン端末の一つに昇格

これまで持ち歩きには常に3つ以上のスマートフォンを携帯していたのですが、今回のiPhone 6の大型化でこうした持ち歩き端末のラインナップに初めて本格的にiOS端末が仲間に加わりました。

とりあえず必ず持つスマートフォンとしては、Xperia Z Ultra、iPhone 6、そしてGalaxy JまたはMEDIAS W、AQUOS CRYSTALのいずれかを持つようになっています。MEDIAS W以外は性能に全く支障は感じないため、その日の中でバッテリーが多い機種を持ち歩くような感じです。

大きさ比較

iPhoneではインテント関連にまだAndroidのような快適さはないので、どうしても同じサイズのAndroidを持ち歩く形になっています。

Android好きの人も気に入るiPhoneに

個人的には今回の大型化したiPhone 6は、恐らくですがAndroid好きの人も気に入るiPhoneになったのではないかと思います。OSの進化もAndroid方面に近づいてきているため、同じような使い方が出来るようになってきました。
情報量もAndroid並みに掴むことができ、作業効率もアップしていて大変気に入りました。

また、今回のiPhone 6のほうがiPhone 5sよりも好きだというiPhone好きの人は、多分Androidも好きになる素質があると思います。今回の進化はAndroidの思想に寄った進化だと思うため、その思想が最新機種において行き渡っているAndroidがオススメできると思います。

 

情報端末としてはようやく最適な大きさになってくれたので、iPhone 6はiOS端末としては過去最高に気に入っています。まだまだiOSは初心者ですが、これから色々と未修得だった操作方法などを真面目に覚えていこうと思っています。

 - スマホ遊び

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
GalaxyNote2の購入者限定チェルシーオリジナルカバーが届く

  GalaxyNote2購入者限定っぽいチェルシーオリジナルカバーに …

AQUOS CRYSTAL 305SHを白ロムで購入したのでレビュー 安くて困ることの少ない良質なスマートフォンでした

SoftBankが送り出したフレームレススマホ、AQUOS CRYSTAL 30 …

HTC J One HTL22の購入レビュー

  HTC J One HTL22を今年の7月に購入してみました。 現 …

MEDIAS W N-05Eの白ロムを3万円で購入 レビューやらなんかを

  NECが2013年4月に発売した変態的な2画面折りたたみスマートフ …

isai LGL22を2ヶ月間利用してみてのレビュー

3月の終わり頃、MNPキャッシュバックがなくなるんじゃないか、という報道がされて …

no image
iPod touch第5世代を使ってみてiOSの気持ちよさを初めて実感

  年始にWiMAXルーターの縛りが解けたため、新規に契約をし直し、キ …

no image
PTL21 VEGAをMNP一括0円で購入&数日使ってみたのでレビュー

  auの2012年冬モデル、韓国Pantech製のスマートフォンPT …

Xperia Z Ultra購入レビュー 求めていたサイズ感で大満足

  海外スマートフォンの販売を行っているエクスパンシスから、現在日本未 …

no image
PTL21 VEGAを1ヶ月使ってみて改めて感じた感想やらレビューやら

  昨年の12月末に購入したauのパンテック製スマートフォンPTL21 …

no image
docomoのOptimus itを使い続けて5ヶ月以上経過したのでレビューとか感想なんかを

  docomoの2012年夏モデルでLG製のスマートフォン、L-05 …